2023年10月01日

トリチウムの摂取量

福島第一原子力発電所のALPS処理水の放出が問題視されているので、ちょっとおもしろい計算をしてみました。
問題となっているトリチウムというのは、一般的な水素原子に中性子が2個ついたもの(「三重水素」といい、水素の一種です)で、自然界にも存在してその割合は1020分の1くらいらしいです。
水素は酸素と結合して水となっていることが多く、トリチウムも水となって存在しています。
で、水分子(H2O)の重さ(原子量)は水素(H)が1で、酸素(O)が16なので18になって、水分子1モル(mol)で18gになります。

1モルは分子が6.02×1023個なので、18gの水(お猪口1杯分くらいかな)にはトリチウムが大体12,000個ほど存在していることになります。
そして、人は1日に2リットル(2,000g)の水を飲みますから、おおよそですが1,000,000個(一百万個)くらいのトリチウムを摂取している計算になります。

これがすごく多いように感じますが、上には上がいてカリウムには放射性カリウム(カリウム40)が0.01%存在していて、カリウムの多い食品でバナナを考えるとバナナ100gに360mgくらいのカリウムが含まれていて、バナナ1本の可食部は約120gなので、バナナ1本食べるとと450mgのカリウムがあって、カリウムの分子の重さ(原子量)は39なので1モルのカリウムの重さは39gで、450mgmpカリムには放射性カリウムが何個あるかというと7×1017個(70京個かな…)くらいになります。(計算あっているかな…)
正確にはこれに半減期を考慮しないといけませんが、トリチウムと比べて(まさに)桁違いの放射性カリウムを日々摂取しているのですが、それでもトリチウムが気になるのですか?
(おそらくですが(計算していませんが)、バナナを毎日1本食べたときと、ALPS処理水を毎日2リットル飲んだ時の放射性物質の数はバナナを毎日1本食べたときの方が多いと思う。)

さらに(追い打ちをかけると)カリウムは食品はわかめ、昆布、干しシイタケ、ほうれん草、アボカド、メロン、芋類、豆類、米、牛乳、魚類、肉類などほとんどの食品に含まれていて、一日の目安として3,000mgの摂取目標値なので、それに含まれる放射性カリウムの量たるや…(もう計算するのがイヤです)。本当にALPS処理水のトリチウムの量を気にする必要があるのでしょうか?
posted by エンジョイ@群馬 管理人 at 16:38| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月29日

無意味?


この鎖と南京錠は何の意味があるのかな…



農業用水の水量調整用の水門のハンドルを勝手に操作されないための鎖のようなのですが…



ラベル:水門
posted by エンジョイ@群馬 管理人 at 22:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月09日

だ〜れだ?

who.png

なんだ、孫はずぶずぶの関係か…。




ラベル:自民党 Google Map
posted by エンジョイ@群馬 管理人 at 14:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする