2020年09月06日

代表選

自民党をはじめ“帰ってきた”民主党も代表選をする中でその選び方が話題になっていますが、今の国会議員は安倍政権の信任投票のような形で選ばれているので、基本的に自民党の次の総裁は安倍政権の延長戦上でないとまずいと思います。
総裁選の候補者の中には安倍政権と距離をとっていて、総裁なればこれまでとは異なった政策を行おうとしているようですが、それは違うんじゃないかなぁ。
もし、そういった政策をしたいなら選挙で国民の信を問わないといえないですね。衆議院選挙を経ずに新しい政策というのはちょっと納得できる話ではないです。

“帰ってきた”民主党の代表選挙は国会議員票のみでするという自民党が党員投票をしないことを批判したのは『誰?』という、できの悪いコント状態ですが、“帰ってきた”民主党は全く新しい政党で党員が一人もいないのでこれはこれでしょうがないと思いますが、党員が0の政党が野党第一党って何なのかなぁ…。
まさかとは思いますが、立憲民主、国民民主の党員をそのまま取り込めるとでも思っているのでしょうか。党員名簿を流用すればそれは個人情報保護法違反の恐れがあるということをはっきり言っておきたいと思います。
ラベル:代表選
posted by エンジョイ@群馬 管理人 at 20:02| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: